ハーレクイン・プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

カサノヴァの素顔―プレイボーイの誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
広告代理店に勤めるミッシェルのもとに、ある日、結婚式の招待状が配達された。差出人は、ミッシェルの十年来の恋人ケヴィン。二人は、別れてはよりを戻すというつき合いをずっと続けてきた。今は喧嘩していても、きっとまた仲直りしようと泣きついてくる。そう思っていたのに、いきなり結婚してしまうなんて!涙にくれるミッシェルをやさしく慰めてくれたのは、彼女とケヴィンの共通の友人、タイラーだった。お金持ちでハンサムで有能な彼に、今まで反発を感じていたけれど、私が勝手に誤解していたのかもしれない。彼のやさしさに触れたミッシェルは、とんでもない案を思いつく。そうだ、ケヴィンの結婚式にタイラーを同伴して出席しよう。それも新しい恋人として。ケヴィンはどんな顔をするかしら。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この恋は止まらない (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
華やかな世界を捨てても、つかみたい幸せがある。身分違いの恋なんて、乗り越えればいい。心に抱える傷が癒えるとき、本当の愛が見える。幸せのカタチ、いろいろ。3人の人気作家が描くロマンティックStories。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州に育つ。1981年に、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。記録的な人気と実力を誇る。作品は全世界25カ国以上で翻訳され、日本でも100作以上が刊行されている

メイジャー,アン
生粋のテキサス人で、英文学とスペイン文学の修士号を持ち、教師の経験もある。フランス語も堪能。作家としての輝かしいキャリアに加え、30年続けてきたピアノのほうもプロ並みの腕前

シュルツェ,ダラス
アメリカロマンス作家協会のRITA賞を受賞したことのある実力派の作家。30作以上の作品を発表している。現在は夫とクロエという大きな猫とともにカリフォルニア州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

かなわぬ恋―孤独な兵士〈7〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
今からこの身に起こることに、果たして耐えられるだろうか。手足を縛られ、服を乱暴にはぎ取られたキャリーは恐怖と恥辱にうち震えていた。久しぶりに会った義兄のマイカから、麻薬王ロペスに狙われていると警告されたけれど、本気にはできなかった。男たちにさらわれ、ロペスの屋敷に連れてこられるまでは。ロペスは手下たちに、わたしを好きにしていいと言った。そして今、一人の男がナイフを持って近づいてくる。最初で最後の男性経験は、おぞましいだけのものに終わるだろう。四年前のあの日、マイカに拒絶されてさえいなければ!男がまさに襲いかかろうとしたとき、窓ガラスを打ち破って、覆面をした男が入ってきた。彼は新たな敵なの…。

秘密―リン・グレアム傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「きみと結婚?」これがルークの答えだった。「いや、きみにはぼくの妻にふさわしい家柄も、教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八の時、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、そんな彼女に与えられたのは、愛人という名だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…。そこにあるのは不安だけ。電話の音に耳をすまし、心変わりを恐れて顔色をうかがう二年間。そして今、彼女はどちらかを選ばなければならなくなった。ルークと結婚するか、それとも彼のもとを去るか…永遠に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋より情熱的に―プレイボーイの誘惑〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ハリーはシドニーの広告代理店の社長。地位も富も手に入れ、優雅な独身生活を謳歌している。そんなある日、親友のリチャードが泣きついてきた。投資先の会社が経営者を突然事故で失い、株が大暴落したのだ。しかも、その会社の相続人は奥地で暮らすウエートレスだという。株価を上げるには彼女を社長にすえ、経営を立て直さなければならない。ハリーは親友を助けるべく、さっそく奥地へ飛んだ。心配したとおり、相続人のタニアは、見るからに田舎娘だった。だが、挑戦好きのハリーはかえって意欲に燃える。この僕が彼女を社長にふさわしい女性に仕立てあげようじゃないか。タニアのほうは、突然現れたハンサムな男性に目が釘づけだった。都会のプレイボーイタイプになど惹かれてはいけないのに。タニアはかつて苦い経験を味わっていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

王子様はお断り―モンクロワ公国物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
貧しかった子供のころ、サブリナはお姫様になることを夢見ていた。そして、いつか王子様が白馬に乗って迎えにきてくれることを。白馬の王子は、過去に二度、サブリナのところにやってきた。一度目は、母の死後引き取ってくれた実の父親。二度目は去年別れた夫。二人とも、しばらくの間彼女をお姫様にしてくれた。が、結局はどちらも彼女に大きな苦労を背負わせて去った。王子様なんてもうこりごり。二度とつまらない夢は見ないわ。ところが運命は皮肉なもの。なんと本物の王子様と出会ってしまった!ヨーロッパの富裕な小国、モンクロワ公国の次期大公、バーク王子だ。昔のようなばかな過ちを犯したりするはずがないわよね、サブリナ?だが彼女の心は、王子に一目会った瞬間から揺れ動いていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥデイ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誘惑の天使―モンクロワ公国物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雲の上の天国では今、二人の天使が激しい論争を繰り広げていた。ある男の命を救うために地上に下りたいと言うレイチェルに対して、彼女のいわば上司にあたる天使は、この場にとどまるべきだと主張する。「でも、これまでと違ってシェイドの最大の危機なんです」レイチェルは、シェイドが生まれたとき彼の守護天使に任命された。子供のころから危険の連続で、あげくに彼は諜報部員にまでなってしまったから、命を助けるのに大忙しだった。そして次は、無法国家に捕らえられた友達を救出しに行くとか。今度ばかりは私にも助けられないかもしれない。何とか方法を考えなくては…。シェイドは、突然目の前に現れた謎の女に不信を募らせていた。内乱の続く国に、理由を聞かずにいっしょに連れていってくれという。清純そうに見える女ほど驚くべき秘密を持っているものだが、この女はいったい何者なんだ?この僕に何をしようというんだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
カリフォルニア生まれ。フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥデイ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ただひとりの胸に―生涯に一度の愛を〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アストラ・ノースコットは資産運用コンサルタントとして、若いながらも着実に実績を積み重ねていた。仲の良い二人のいとこは相次いで結婚したが、彼女は仕事ひと筋に生きる決心をし、男性に対する冷淡さは、“北極のノースコット”と揶揄されるほどだった。ある日、アストラは大企業の重役セア・バクセンデイルに呼ばれ、絶好のビジネスチャンスに胸はずませてオフィスへ出向く。だが驚いたことに、ハンサムな重役は初対面の彼女を罵った。「きみの勧めた投資プランは犯罪の一歩手前だ!」調査の結果、彼の指摘は正しく、アストラは潔く辞識した。非を認めながらも、アストラはセアのやり方に怒りを覚え、ひざまずいて謝ってほしいという思いがつきあげた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティール,ジェシカ
イングランド中部の田舎に、七人のきょうだいの六番目に生まれた。公務員として働きながら小説を書き始める。夫の励ましを得て作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プリンセスにキスしたら―カラメールの恋物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いつも公務に追われるカラメールのアドリエンヌ王女は、ある日変装し、お忍びでニュイ記念祭へと出かけた。だが酔ったカウボーイにからまれ、乱暴されそうになる。危ういところを助けてくれたのは、アメリカ人の男性だった。彼に感謝しながらも、身元がばれてしまうのをおそれ、アドリエンヌは早々にその場を立ち去った。そして、その夜の晩餐会。「殿下、これは実に驚いた」低い声に、彼女は凍りついた。まさか昼間のアメリカ人が、招待客のひとりだったとは。ヒューという名の彼は、パーティの終わりにこう尋ねた。「今度はいつ会える?」秘密を知られているアドリエンヌは断れなかった。

愛の降る夜に―クリスティン・リマー傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フラニーは台所の窓からひとりの男を見つめていた。おぼつかない足取りで雪の中をうろつく、みすぼらしい男。どうやら酔っぱらっているらしい。男はついに川の土手に倒れ込み、そのまま動かなくなってしまった。フラニーは急いで外に出た。誰かが助けなければ、彼は死んでしまうかもしれない。体を起こして近くのモーテルに連れていけばいいのだ。しかし、ネッド・セントチャールズと名乗ったその男は、一文無しで行くところもないという。フラニーは仕方なく、ネッドを一晩泊めることにした。だが翌日の夜も、二人は一緒だった。クリスマスまで置いてほしいと懇願する彼に、フラニーは同情よりもずっと強い、熱い感情を抱きつつあった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。すべては、作家という天職に巡り合うための人生経験だったと振り返っている。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

高収入バイト情報> <美容外科> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <千葉の印刷なら千代田印刷> <アキバ中毒のページ> <墨田区紀行> <GOGO!江戸川区!> <電子たばこ> <台東クラブ> <東京ぶらぶら> <台東紀行> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

oooパソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉県の施設ooo 千葉の滝さがしドットコムooo -うぐいす谷Guide-ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo リアクション芸人ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 台東クラブooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 巣鴨で散策!ooo メイドの土産.comooo ~品川の街~ooo ~新宿 Live House~ooo 住宅ローンのことooo ハロー!江東区!ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ひんやりooo レジャー、アウトドア.コレクションooo